ヨガスタジオ、ヨガレッスン探しのためのWebサイト Yoga Piece -ヨガピース-

2016年11月26日土曜日

ピラティスで身体のコンディションを整えよう!!

ピラティスはジョセフ・ピラティス氏によって考案された、負傷した兵士のリハビリ・コンディショニング目的でつくられたメソッドです。マットピラティスとマシーンピラティスがあり、そのどちらとも筋力や姿勢、柔軟性を向上させていきます。特徴は手足を除いた胴体部分の奥の筋肉、インナーマッスルを常に意識し、骨盤を安定させながら全身をつかいエクササイズをしていくこと。そうすることで、身体の歪みや凝りを緩和し内側が強く、しなやかな身体へと変わっていきます。




ピラティスの効果


・筋力向上・バランスの取れた筋肉
・姿勢改善
・身体の凝りや歪みや改善
・基礎代謝UP
・病気・怪我にあまりならない
・スッキリ感などからくるリラックス効果など

マットピラティス


元々はベットの上でもできるように開発されたエクササイズ。マットの上で決められたエクササイズを行っていきます。インナーマッスルを常に使っていくので見た目よりもカナリ動いたように感じます。又、インナーマッスルを使うことで熱がつくられやすく代謝も上がりやすい。基本的にはマットや敷物があればできるので、自宅で自分でもできるピラティスです。


マシーンピラティス


ジョセフ・ピラティス氏が開発したマシーンを使って行うエクササイズ。主に4つのマシーンを使ってエクササイズをしていきます。このマシーンを使うと600種類のエクササイズができるようになります。さらに、負荷など調整できるので、お年寄りやリハビリの方などには負担なく、逆にアスリートの方は負荷を加え、より深部を鍛えるエクササイズができます。



お勧めピラティススタジオ



・PILATES style(ピラティススタイル)
関東・関西を中心に30店舗展開しているスタジオです。マットピラティス・マシーンピラティスのどちらのクラスも楽しめるスタジオです。


・basi PILATES(バシピラティス)
世界30カ国以上に展開されているピラティスのスタイル。東京都内に14スタジオ展開しています。ジョセフ・ピラティス氏の教えを守りながらも最先端の科学を取り入れながら、独自のピラティスを伝えています。



今はヨガのスタジオでも多く行っているところがあり、少人数制のスタジオも多くあります。


ピラティスもヨガの影響を受けており、共通点があります。身体から入るピラティスですが、最終的には心も健康になっていきます。


まずは体験からピラティスを楽しんでみて下さいね!

2016年11月19日土曜日

ホットヨガの魅力はダイエットだけ?ホットヨガの最大の魅力は?

ビクラム・チョードリー氏が始めた、「ビクラムヨガ」が始まりで、国内、海外問わず人気のヨガスタイル。温度35℃~39℃前後、湿度60%~65%の環境でヨガのポーズを行います。温かい環境でポーズを行うので、身体が柔らかくなり易く、怪我もしにくいです。



ホットヨガの最大の魅力

そして最大の魅力は「沢山汗を掻くこと!」です。それにより、ダイエット効果はもちろん、冷え性・デトックス・身体の凝りも改善される効果もあります。継続することで基礎体温も上がり、病気知らずの身体にもなります。現代は「常に何かをすること」で忙しく、リラックスをすることが少な過ぎます。沢山汗を掻くこと、そしてヨガの深い呼吸が頭の中、心と身体にリラックスを与えてくれます。それが終わった後のスッキリ感や満足感に変わり、心と身体のデトックスとなります。最近は通い易い価格になっており、気軽にヨガを始めることができるのもホットヨガの魅力です。



ホットヨガの効果


【ホットヨガの効果】
・身体と心のデトックス
・美肌効果
・代謝アップ
・ダイエット効果
・リラックス
・冷え、むくみ改善


出来るだけ長く通い続けることで、身体も変化していきます。無理なく通い易いスタジオを見つけることがポイントにもなります。


おすすめのホットヨガスタジオ


・LAVA(ラバ)
全国に200店舗以上あり、どのスタジオも駅から近く通い易いスタジオのひとつです。


・O&LUBIE(オー&ラビエ)
関東と関西、仙台にスタジオがあり、関東や関西にお住いの方は通い易いスタジオです。


・BIKRAM YOGA(ビクラムヨガ)
ホットヨガの元祖と呼ばれている老舗のホットヨガスタジオ。
首都圏、大阪・京都、札幌にあります。


・YOGA PULUS(ヨガプラス)
ホットヨガと常温ヨガを開催しているスタジオ。
主に東京・大阪にスタジオがあります。


・HOT40YOGA(エイチ・オー・ティー・フォー・ティー・ヨガ)
新潟県から始まり、東京、石川、札幌、長野など11店舗に広がっています。
特徴はレッスンが40分ということです。


・loIve(ロイブ)
全国に18店舗展開しており、近畿地方や北海道、中国・四国地方など、首都圏以外の方が通い易いスタジオです。


ホットヨガはスタジオによって違いがある

沢山のホットヨガスタジオがありますが、スタジオによってカラーが全く違い、それぞれに良さがあります。結局のところ、スタジオの良し悪しをつくりあげるているのは働いている人になります。自分に合う雰囲気のスタジオを見つけることが楽しみながら続けられることに繋がります。百聞は一見に如かず!気になるスタジオを見つけたら1度足を運んでみて下さい。その際はきちんと注意事項などを確認して、楽しんで下さい。


素敵なHot yoga lifeを!!

2016年11月6日日曜日

岩盤浴ヨガで流す汗はサラサラ?

富士山の天然の溶岩や、温めた岩盤の上で行なうヨーガ。ホットヨガよりも温室度が高めで、少量の動きでも大量に汗をかくことができます。新陳代謝も上がりやすく、女性に多い冷えの改善、体内に溜まっている毒素も排出され体内循環の改善も期待できます。大量に汗をかくことにより身体も心もリフレッシュでき、リラックス効果も高いです。



岩盤浴ヨガとホットヨガとの違い


ホットヨガはスタジオを温めて行うヨガで、デトックス効果・冷え性・美容効果などが挙げられます。では、岩盤浴ヨガとホットヨガは何が違うのでしょう?それは、ホットヨガは空調など人工的に最適な室温を保っていて、岩盤浴ヨガは温められた天然の岩盤の熱によって適した室内環境を保っています。つまり、同じ汗をかくことでも、人工的な温室で汗をかくことと、自然の熱を利用し、体内からじっくりと温め汗をかかせる違いがあります。空調などはやはり人工的に作り出しているものなので、空調などが苦手な方などは自然の温かさよりデメリットがある場合があります。


マイナスイオン、遠赤外線


岩盤ヨガは天然石の持つパワーから発するマイナスイオン、遠赤外線の発生する中で行うので、身体の中心から温まり、基礎体温、基礎代謝が飛躍的にアップしますのでダイエットしやすい、痩せやすい身体に生まれ変わるのです。マイナスイオンは、もうすっかり世間一般的な言葉として存在していますが、マイナスイオン効果の代表的なものとしては、ストレス軽減効果・リラックス効果などが挙げられます。遠赤外線とは目に見えない波長、電磁波の一種です。人間にとって、きわめて有効な波長です。太陽によって遠赤外線が地球に降り注がなければ、人や生命は生きていけません。電磁波は危険なものもあるのですが、遠赤外線は細胞を傷つけることなく穏やかに生物にやさしく作用します。


岩盤浴ヨガで流す汗はサラサラ


岩盤からの遠赤外線効果により、身体の最深部から汗をかくことができるので、保湿効果の高いサラサラとした汗を大量にかくことができます。岩盤でかくこのサラサラな汗は遠赤外線によってもたらされ、汗が出るメカニズムが違います。遠赤外線効果により暖まってかく汗は、通常暑いときに出る汗腺からはもちろん、皮脂腺からも排出されるという重要な効果があります。

ここで重要になってくるのが皮脂腺からの汗です。少し難しい話になりますが、人間の体内の化学物質などの有害物質は脂肪と結合して蓄積されているため、デトックスするには皮脂腺から汗を出す必要があります。この皮脂腺はなかなか開きにくく、かなりきつい運動が必要です。しかし岩盤浴ヨガは、遠赤外線の温熱効果により、ハードな運動をした時と同じように皮脂腺から汗をかくことができます。非常に効率的ですね。

いかがでしたでしょうか?岩盤浴ヨガは温室を保ったり、天然資源を使用したりと自宅で行うことが難しいのが難点ですが、少しでも興味を持たれましたら、岩盤浴ヨガもトライしてみて下さい。

2016年10月19日水曜日

初心者でも始められるパワーヨガ

伝統的なヨガを現代人に取り入れやすくアレンジされ、発展を遂げたのがパワーヨガです。アシュタンガヨガがベースになっていて、流れる動きの中にもアシュタンガヨガのようにアライメント(姿勢)の調整も行っていきます。初めてでも気軽に取り組めるようプログラムされているヨガです。また、短期間に肉体改造が行え、高いダイエット効果も実感できるという事から、世界中のセレブが美容法に取り入れているヨガです。それがきっかけとなり、90年代ごろから世界中で人気が爆発。現在も大人気のヨガです。気軽に始められるヨガとして、人気は高まってきています。



パワーヨガはどんなヨガ?


パワーヨガの流れ

パワーヨガは、決められたポーズを連続して行うアシュタンガヨガをベースにしています。 太陽礼拝のポーズを基本に、流れるように様々なポーズを展開させていきます。基本形のヨガでは一度取ったポーズをリセットし、次のポーズへと移行しますが、パワーヨガの場合は、最後に取ったポーズが次のポーズの始まりとなり、テンポを壊さず、次々にポーズを展開させていきます。


呼吸

パワーヨガの重要なポイントの一つである呼吸。ポーズを取り、一度静止させそのまま約1分ほどの間呼吸に集中し、姿勢(アライメント)を整えます。その姿勢で、体の力を抜き瞑想します。そして次のアライメントへと移行していきます。このリズムがパワーヨガの最も重要なポイントと考えられています。呼吸を一旦、緊張状態にした後で、その後に続く「動」の流れで呼吸を解放します。それが原動力となり、次の呼吸がより深めとなる事で、次のポーズの集中力を高めるという、良い影響をもたらします。



パワーヨガの効果・メリット


身体のトレーニング

パワーヨガは、筋力トレーニングの要素も強く含んでいるので、かなりハードさが必要とされますが、運動量が多いので短期間の肉体強化に効果が期待できます。


集中力がアップする

パワーヨガは、アシュタンガヨガをベースにしたヨガである特徴を活かし、ヨガの基本でもある呼吸法にポイントをおいています。その為、身体のエクササイズだけではなく、精神面にもパワーを与え精神集中を図る事ができるのです。


ダイエット効果がある

パワーヨガは運動量が多いため、脂肪燃焼効果が高く新陳代謝にも良い働きかけをする事から、短期間でのシェイプアップ効果があるとされています。初心者でも気軽に取り組めるダイエット法として人気を集めているのがその理由とひとつです。

2016年10月15日土曜日

ピラティスを始めよう!!

身体の深層部の筋肉(インナーマッスルを意識し、鍛える事で姿勢を正し、安定した体幹をつくる事で身体の筋バランスを整えていきます。身体の凝りや疲れも解消でき、外側は美しく、内側は強くしなやかな身体になります。『10回のレッスンで気分が良くなり、20回のレッスンで見た目が変わり、30回のレッスンで生まれ変わる』それがピラティスです。



ピラティスの効果、特徴


ピラティスをを実践することで、理想的な姿勢と動作を習得することができ、痛みの改善や障害の予防、運動パフォーマンスの向上からリハビリテーションなど幅広い効果が期待できます。ピラティスを通して理想的な姿勢、動作を身につけることより、日々の生活をより豊かに、充実したものにできるでしょう。ビラティスは、そのエクササイズの難易度が幅広く、初心者から上級者まで楽しむことができます。自分自身の身体の特徴や健康状態に応じて、適した方法で実践することが重要とされています。



ピラティスの種類について


マットピラティス

その名の通りマットを使用してピラティスを実践します。一般的には体幹部を中心として全身を鍛えるプログラムです。 インストラクターによっては肩コリ改善など特別な目的を持たせてたレッスンをする場合もあり、またレッスン補助用の小道具を使用してレッスンを行う場合もあります。 呼吸を合わせ、高い集中力を共有しながら行うレッスンは、ヨガのような精神的な開放感を味わうこともできるでしょう。


マシンピラティス

ピラティス専用器具を使用して行われるピラティスエクササイズであり、代表的な専用器具は以下の10種類である。
・ラダーバレル
・バレル
・ギロチン
・フットコレクター
・ピラティスリフォーマー
・ペディポール
・ギズモ
・トラピーズテーブル
これらの機械を使用しバラエティに富んだエクササイズを行うことができ、マットピラティスよりも幅広い負荷の調整が可能になります。ピラティスリフォーマーを使うと、およそ何百種類のエクササイズが実行できます。年齢、性別、筋肉量、体調、アスリートレベルなど、様々な側面を考慮することにより強度を上げ下げができます。また、器具を使用することによって普段なかなか鍛えることがない深層部の筋肉や関節の動きにまで意識を集中することができます。

2016年10月12日水曜日

ヴィンヤサヨガの効果

サンスクリット語で「動作の連続」という意味。ベースはアシュタンガヨーガで、呼吸に合わせて流れるように連続的にポーズを行っていきます。力強く連続的にポーズを行なうことで集中力が高まりやすくなります。また、呼吸に動作(ポーズ)が合わさると、その動きに自然な流れができ一貫性も出てきます。呼吸によって瞑想的な心の状態へ導いてくれるヨーガです。



ヴィンヤサヨガの特徴


ベースはアシュタンガヨーガで、呼吸に合わせて流れるように連続的にポーズを行っていきます。アサナを呼吸の流れに合わせて繋げることに重点を置いたヨガのスタイルです。力強く、瞑想的で、連続的にアサナを行うので集中力が高まるとともに、深いリラックス効果も得られ、血流やリンパの流れを促して、インナーマッスルを鍛える効果もあります。



ヴィンヤサヨガのメリット


ヴィンヤサヨガは、骨盤や筋肉を強化して、身体を支える部分のバランスをコントロールする事により、理想のボディライン作りやダイエットに効果をもたらします。また、流れるようにポーズを取って行くので、血液やリンパの流れを活性化させ、新陳代謝もアップします。代謝率が良くなると、太りにくい体質作りへと導きます。

アンチエイジング効果も期待できます。ヴィンヤサヨガの姿勢は、普段使わない部分の筋肉を使う事で、新陳代謝を活性化させ、それによりアンチエイジングにも効果があるとされます。

ヴィンヤサヨガのリラックス効果は、呼吸と姿勢が同調し、身体の一体感が生まれるとリラックス効果が得られるとされます。 また、自律神経に作用する瞑想(メディテーション)も、リラグゼーション効果をもたらします

2016年10月10日月曜日

アシュタンガヨガはどんなヨガ?

アシュタンガヨガは、ポーズや呼吸法の流れが細かく決められていて、一連の動きで心身を鍛えます。基本編から最上級まで、6パターンの流れがあるので、レベルアップしていく楽しさが実感できるのも特長。体をしっかりと動かす気持ちよさも味わえます。



アシュタンガヨガはどんな人向き?


パタビ・ジョイス師が指導する代表的なヨガの流派のひとつ。アシュタンガ=8本の枝を意味し、ヴィンヤサ(呼吸と動きを調和させる)の動きの中で瞑想を深めていきます。ポーズの順番、全ての動作の呼吸・視線も全て決められていて、本格的にヨーガを行っていきたい人にお勧めです。アシュタンガヨガは中級者レベルで、ある程度の運動量でも耐えられる場合にはお勧めです。初心者や個々のポーズを自分のペースでじっくり取り組みたい人などは避けたほうが良いでしょう。



アシュタンガヨガの特徴


アシュタンガヨガは、同じポーズを決められた順番で、途切れる事無く短時間で繰り返していくのが特徴です。様々なポーズを流れるように速いテンポで、連続的につなげていくスタイルのヨガなので、その運動量から肉体的にはかなり消耗するヨガでもあります。

ポーズと連動させて行う呼吸法は、アシュタンガヨガの特徴です。呼吸を意識しながら、その波長に合わせるようにして身体を動かしていきます。口を閉じて息を鼻から吸い込み、また鼻から出す胸式呼吸(ウジャイの呼吸法)が原則です。意識的に喉に息を通させ音を出すことで、呼吸をトレーニングしていきます。

また、アシュタンガヨガは視線の固定します。視点の定め方も、ポーズに合わせて決められています。ポイントは視線を一点に合わせ固定させることです。落ち着きのない目線は不安定な気持ちを表します。定まらない視線は意識を乱して、集中力を低下させてしまいますので、意識の集中するために、視線を一点に集中させます。

ヨガの種類

ヨガの種類をクリック!!

  

リンク